抜け毛とフケの関係

なんだか頭皮がかゆい、

フケが出ているなんてことありませんか?

 

フケは頭皮の垢のことです。

いらなくなった頭皮の角質層がはがれ落ちフケとなって出てきます。

通常シャンプーなどで落ちてしまいますが

目視でフケが確認できる状態ですと、

頭皮のターンオーバーが正常に働いていない可能性があります。

頭皮のサイクルが狂ってしまっている場合

かゆみや湿疹、抜け毛などに繋がります。

 

フケの種類は乾燥してでるパラパラしたフケと油っぽいジメジメしたフケの2種類に分けられます。

 

・「乾性フケ」パラパラしたフケ

乾燥したフケが出ている場合は頭皮に必要な油分や水分が失われ頭皮自体が乾燥している可能性があります。

過度なシャンプーのしすぎや爪をたてて洗っていると原因になります。

通常の生活ででるよごれの汗や皮脂はお湯でほぼ落ちますので

1日に何回も洗うのは避けましょう。

また洗浄力の高いシャンプーを使用している人も注意が必要です。

石油系の界面活性剤が使用されているものはなるべくさけた方がいいでしょう。

 

・「脂性フケ」ジメジメしたフケ

べたっとしているフケが出ている場合は頭皮に過剰な油分が出ていたり頭皮の毛穴が詰まっている可能性があります。

毛穴のつまりの原因としてシャンプーやリンスなどの洗い残しや整髪料がついたままの状態が長く続くことで起こります。毛穴のつまりによりフケや抜け毛の原因になります。

またフケの原因菌は頭皮の皮脂を栄養源にするため、増殖しやすい環境になってしまいます。フケの原因菌は炎症を起こすため、頭皮が荒れ、赤みをおびかゆみが出ます。

油分の多い食事は避け、シャンプーやリンスもしっかりとすすぐ事が大事です。

また油分が出すぎているからといって、過剰に洗浄をするのもよくありません。

低刺激のシャンプーでもこもこと泡立てしっかりすすぐようにすることをオススメします。

 

またどちらのフケも一度発症すると

かゆみが起き過剰に洗ってしまう傾向があり、頭皮の水分や油分のバランスが悪くなりますので、1日に1度の洗髪にしましょう。

また炎症がひどい人は1日おきのシャンプーにして、ターンオーバーを正常に戻すように心がけましょう。

シェアサロン 美容室 東京 オススメ

<正しい洗髪の仕方>

 

1 目の粗いブラシで髪をとかし、ほこりなどを落とします。

2 たっぷりのお湯で頭皮全体を指を通しながらよく濡らす。

この時シャワーで頭皮を濡らす場合はしっかりと頭頂部だけ出なく、耳の上や耳後ろ、後頭部、襟足とこすりながら各部分5秒ほどあて(全部で1分弱)しっかりと濡らしましょう。

3 手にシャンプーを適量とり根元に、もこもこと泡がつくように泡立てます。

指の腹で優しく頭皮をマッサージするようにシャンプーしましょう。

このときゴシゴシと洗いすぎないように、心地の良い力加減で洗い上げましょう。

4 すすぎはしっかりと最初に濡らした時とどうように流し忘れがないようにしっかりとながしましょう。

5 トリートメントやコンディショナーは毛先につけ頭皮にはつけないようにしましょう。

6 トリートメントもぬめりなご残らないようにすすぎましょう

7 しっかりとタオルで水気を拭き取ったあと必ずドライヤーでしっかりと乾かしましょう。

 

フケも放っておくと、かゆみの他に抜け毛や脱毛症に繋がります。

生活習慣を見直し早めの改善をしましょう。

またフケに似ている皮膚疾患もありますので、

自分で判断ができない場合や症状が悪化している場合は

早めに皮膚科の受診をすると良いでしょう。

 

 

カテゴリー: 未分類 | コメントする

Hello world!

WordPress へようこそ。こちらは最初の投稿です。編集または削除し、コンテンツ作成を始めてください。

カテゴリー: 未分類 | 1件のコメント