みずほ銀行カードローンの審査基準!審査に通る情報のまとめ!

みずほ銀行カードローンの審査基準!審査に通る情報のまとめ!

みずほ銀行カードローンの審査に通るためには?

みずほ銀行に限ったわけではありませんが、審査にパスするためにはいくつかの条件があります。ただし、みずほ銀行の場合、年齢制限は少し厳しくなっています。

 

1.20歳以上、66歳未満であること。

2.安定した収入があること。

3.過去に返済事故を起こしていないこと。

4.勤務先を正しく伝えること。

5.他社借り入れ額が少ないこと

 

上記の1.~4.は絶対条件です。必ずこれをクリアしていないと審査条件をクリアできません。

 

また、5.については、限度額設定の参考情報となるため、少なければ少ないほど審査にパスする可能性が高くなります。

 

審査に必要となる書類は、

 

①本人確認ができるもの

例:運転免許証、運転経歴証明書、パスポート、住民基本台帳カード、在留カード等

 

②収入を証明できるもの

例:源泉徴収票、住民税決定通知書、課税証明書、納税証明書

 

みずほ銀行カードローンの審査はこんな人が有利です!

みずほ銀行でカードローンを組もうとした場合、みずほ銀行に口座がある方の方が有利です。特に、給与振込口座がみずほ銀行であるならば、ベストと言えるでしょう。

 

また、口座残高が多い(概ね200万円以上)方も有利です。 さらに、みずほ銀行で住宅ローンを組んでいる方も、利率が安くなるなどの特典があります。

 

もともと、住宅ローンを組む際に一度審査を受けているわけですし、自宅が抵当に入っているわけですから、取りっぱぐれのリスクも低く、カードローンの審査に通りやすいのは納得いただけると思います。

 

 

あなたも今すぐみずほ銀行カードローンの審査に通過するためには?

みずほ銀行カードローンの審査にパスするための条件をもう少し詳しく説明しましょう。すでに説明した通りクリアしなければならない必要条件は5つあります。

 

1.年齢条件さえ満たしていれば年金受給者でも大丈夫!

最初の年齢制限ですが、みずほ銀行では、消費者金融などと比べると少しハードルが高く、66歳未満という条件があります。

 

これは収入の観点から設けられているものです。しかしながら、給与所得者でないと融資を受けられないということはありません。

 

たとえ年金受給者であっても、収入が安定していることを証明できるわけですから、審査基準をクリアすることができます。

 

2.安定した収入があれば条件は条件をクリア!

次に、収入面での基準ですが、こちらはどの金融機関でも大差はありません。

 

給与所得者や自営業の方は、何らかの書類で収入を証明できますので、条件はクリアできます。次に収入のない専業主婦の方は世帯主の収入が安定していれば、条件はクリアできます。ただし、この場合は限度額が低く設定されることをご承知ください。

 

パートやアルバイトの方も、ある程度安定した収入があれば基準はクリアします。毎月の収入ではなく、2カ月に1回の収入でも、収入があれば審査基準はクリアできます。

 

なお、みずほ銀行カードローンの特徴としては、借入上限額が1000万円であることと、200万円以下であれば、収入照証明不要であることの2点です。消費者金融に比べるとこの点は審査基準のハードルが低いのです。

 

3.過去に返済事故を起こしていないこと

3番目の返済事故の履歴に関してですが、審査基準は「過去に返済事故がないこと」になります。こちらは少し条件が厳しくなることがありますので注意が必要です。

 

過去の返済事故として問われるのは次の4点です。①返済の延滞(60日以上の返済遅延)②債務整理(自己破産等)③強制解約④代位弁済(保証人や保険機関が返済) ①の延滞については、軽微なものであれば、延滞解消後1年以上あれば審査をパスできることもあります。

 

また①~④の全てについて、5年~10年を経過していれば、基本的には問題視されません。 ただし、問題となるのは、過去にみずほ銀行での借り入れで、返済事故を起こしたことがある場合です。

 

通常は信用機関のデータベース上にブラックリストの情報がありそれを金融機関が確認するのですが、自行の場合ブラックリストの情報はいつまでもデータベースに残ってしまうからです。

 

ですので、みずほ銀行で過去に返済事故を起こしたことがある方は、まず審査には落ちると考えておいたほうが良いでしょう。

 

 

4.勤務先を偽ると審査に落ちる!

勤務先を正しく伝えるというのは、安定した収入が得られるかどうかの判断基準の一つになります。ですから、銀行は、借入主の勤務先を確認するわけです。

 

収入証明に源泉徴収票を使われる方で、途中退職されていない方なら問題ありませんが、借入時点で退職していたり、転職していたりすると、信用度が下がってしまいますので注意してください。

 

逆に言うと、会社の信用度が自分の信用度に等しいということになりますので、有名企業に努めている方は、会社名を伝えるだけで審査にパスする確率は上がります。

 

 

5.他社・他行からの借り入れが多いと審査に落ちる!

最後に、審査のポイントとして、他社や他行からの総借入額があります。銀行としては、安心して貸し出すことができるよう、無理な返済にならないかを判断します。

 

ですから、他の金融機関からの借入額がある場合は要注意です。みずほ銀行独自の基準のようですが、借入額が年収の10%~20%以内であることを目安にしているようです。

 

事前に自分の負債額を確認し、この基準を超えないように借入額を抑える必要があります。

 

 

みずほ銀行カードローンの審査で注意するポイントはこれ!

みずほ銀行カードローンの特徴は、他社からの借入額を重視している点です。

 

消費者金融に比べて低金利で貸し出している代わりに、貸し出す金額は抑え目です。借入れ上限額が1000万円までといいつつも、一方で年収の20%程度を上限と定めていますので、実際に借りられる金額は年収500万円の人で他社合算で100万円程度と思っていたほうが良いでしょう。

 

これ以上の借入額にしようとすると、審査に通らない可能性が高くなります。

 

みずほ銀行カードローンなら金利が安いので安心!

みずほ銀行カードローンの金利は、プランによって異なりますが、エグゼクティブプラン(200万円~1000万円)で3%~7%、コンフォートプラン(10万円~1000万円)で3.5%~14%となります。

 

消費者金融と比べると利率は低めに設定されています。 みずほ銀行で住宅ローンを組まれている方だとさらにお得になります。

 

上記税率からマイナス0.5%となります。みずほ銀行をメインバンクにされている方は、みずほ銀行カードローンをお薦めします。 一度ホームページで確認してみてください。

 

みずほ銀行カードローンのエグゼクティブとコンフォート、2つのプランの違いは?
みずほ銀行カードローンのエグゼクティブプランはなくなりましたが、いまでも低金利で使いやすいです。

 

即日キャッシングのまとめ!あなたが失敗しないための3カ条!
即日キャッシングで失敗しない方法をまとめてあるサイトです。こちらもカードローンでのキャッシングを考えているなら、ぜひこちらも合わせてお読みください。おすすめです。

 

TOPへ戻る