お金を借りることは信用をもらうこと

融資のことを別名「与信業務」と呼ばれています。
これは文字通り、貸す相手の「信用を与える」という意味です。
つまり言い換えれば「相手を信用しない限りお金は貸さない」といことになります。
では、どうすれば信用を与えてもらえるのでしょうか?

■信用してもらうには約束を守るしかない
ポイントは「約束を守れるかどうか?」
すべてはそこからです。
お金を貸す側からすれば融資業務とはお金を貸し出すだけではありません・
貸したお金をきちんと約束通り返してもらって初めて「良い取引」といえるのです。
借り入れ期間中はずっと最初の返済計画を守り続ける。
それが約束を守るということであり、信用を築くことでもあります。
一度100万円を借りてきちんと返すと、次回の200万円の新たな借り入れは最初の100万円の時と比べて格段に楽だと思います。

よく銀行への愚痴として
「晴れの日に傘を貸し、雨の日に傘を取り上げる」
と揶揄されますが、銀行からすれば至極当然の話です。
ズバリ言えば、銀行はお金がない人にお金を貸す商売ではありません。
貸したお金をきちんと利息を付けて返してくれる人だけに貸すのです。
これが「お金を借りる人」と「お金を貸す人」の大きな考え方の違いです。

■信用を築くのは時間がかかるが、信用が無くなるのは一瞬
信用を築くのは長い期間が必要です。
最初は少額の融資から始まって親油を築き、徐々に規模が拡大していきます。
これは融資金額だけでなく金利や融資期間など借り入れ条件にも大きく影響します。
私のしている不動産投資の分野でもこれは如実に現れます。
同じ不動産投資物件でも
借り入れ期間20年 金利3.5%(信用組合レベル)
借入期間30年 金利0.9%
これでは同じ物件であっても
前者では収支の合わない悪い物件
後者では収支が合う良い物件
ぜんぜん答えが変わるのです。

しかし、せっかく長年築き上げた信用でもたった1回の遅延 延滞でそれは簡単に吹き飛んでいきます。
それは借入先の銀行を変えてもずっとその後について回ってきます、
なぜなら銀行など金融機関は返済事故の共通データベースを持っているからです。
顧客から融資を打診された金融機関は必ずこの過去の返済履歴をチェックします。
これを個人信用調査といいます。
こじ個人信用調査では他の金融機関で過去にどんな返済だったか?(延滞は無かったか?)
今現在いくら借り入れしているか?
簡単にわかってしまうのです。
すでに全額返したから問題ない?
そんな理屈は通らないのです。
しかもその記録はかなり長い期間保存されているのです。
これが「いわゆるブラックリストなんです。

借りたお金は約束通り返す。
これしか信用を築く方法はないのです。
オリーブスマートイヤー 販売店 エディオン ヨドバシ ビックカメラ

カテゴリー: 未分類 | コメントする

とんでもなくニッチな分野の専門家としてマスコミに取り上げられる

テレビでコメンテーターとして大活躍している方々の最初の状況を思い出していただきたい。
実はみんな意外なニッチな分野の専門家としてマスコミデビューしている方ってめちゃくちゃ多いんです。

■その道の専門家も最初は誰も知らないニッチな分野で注目される
その道の有名になった方のきっかけは
「雑誌で取り上げられたから・・・」
「たまたま自分の趣味や興味のあったことがブームになってマスコミに取り上げられたから・・・」
とかいうのが多いのです。
もちろんそのチャンスにうまく機転の利いたコメントや面白おかしく話す語り口にマスコミも次のチャンスを与えるものです。
気づかぬうちにその分野だけでなく広い意味でのコメンテーターになりカリスマ性も兼ね備えてきて今では威風堂々の政治からスポーツまで幅広い分野でコメントを求められています。
その知名度は何のビジネスをするにしても大きな武器になります。

■有名人になりたければマスコミに取り上げられやすいテーマで情報発信することが大事

この世の中、なにがブームや注目を浴びるかわかりません。
そして目新しいことがブームや注目を浴びた時にマスコミや雑誌の方はあわててその道の専門家を探すのです。
今は誰でもネットで情報発信できます。
そんな情報発信は時にマスコミ関係者の目に留まることも珍しくないのです。
実は私も週刊文春にコメントを掲載したことがあります。
そのきっかけはネットです。
私のホームページをみて(このホームページではないですが)直接連絡を取ってくるのです。
確かに最初の連絡の時にどれだけ自分の考えや特技をアピールできるか?は大きな分かれ目ですが
しがない私にあの週刊文春さんがコンタクトをとってくるのです。

たとえば仮にあなたがタモゴッチの収集コレクターで初代からすべて集めていて、それぞれの製品のうんちくを詳しくネットで情報配信していたとします。
そしてなにかのきっかけで再びたまごっちがブームになった時(もしくはなりかけた時)にマスコミは慌ててたまごっちのことを話せる専門家を探しまくるのです。
そんなチャンスを逃さず、たまごっち以外のこともきちんと話せる?
あるいはあなた自身のキャラクターが面白い?
そんなきっかけであなたも有名人になれるかもしれないのです。
そうすればあなたの知名度でビジネスに大きな好影響を生み出してくれます。
ゴミ屋敷 片付け 東京

カテゴリー: 未分類 | コメントする

「おひとりさま3個まで」と限定するとなぜ人は買いたくなるのか?

在庫を抱えて処分し無ければならなくなった時、あなたならどう売りさばきますか?
ただでさえ売れ残った大量の在庫品
そう簡単には処分できないものです。
多少の値引き程度では在庫処分なんて難しいのです。

そんな場合には
「特価品につきおひとりさま限定3個までとさせていただきます!」
というキャッチコピーが効果的なこともあります。

人はなんらかのメリットに対して、使い切らないと「損」と感じる性質があるからです。
購入できる数を限定されることによって上限まで利用しようといしてしまうものなのです。

この「限定販売」は販売促進の王道ではありますが、
・「特価品につき」
・「多くのお客様へのい普及促進の目的です」
など政党と感じる理由をつけることで効果が高まります。

■理由を付けて「おひとりさま〇個まで」として売る

スライド式販売法も有効な場合がある

低価格品の販売の場合、ひとつあたりの販売価格を下げるよりも
「2個なら〇〇円」とか
という販売条件のほうが売れることもあります。
さらに
「1つ〇〇円、2つなら◎◎円、3つなら●●円、△つ以上ならひとつ▲▲円」
というようなスライド方式も有効とされています。

販売する商品によってはこのような方法も有効であることを覚えておいてください。

■「1つ〇〇円、2つなら◎◎円、3つなら●●円、△つ以上ならひとつ▲▲円」というスライド販売方式
値段が高い商品なら@「松竹梅」方式

高額な商品であれば「松」「竹」「梅」というランク付けをつけることで売り上げを伸ばすこともできます。
それは人は「松」(高い)「竹」(普通)「梅」(安い)という選択を迫られた場合は真ん中の「竹」(普通)の商品を選びがちなのです。
今現在において2種類の商品構成で販売しているのならもうひとつ加えて「松」「竹」「梅」という3つの商品構成にしてみてはいかがでしょうか。
今までの売れ筋が2つの商品構成の安い商品がさらに1つ商品が加わることによってより値ごろ感がうまれて売上が上がるいことも考えられます。

あえてひとつ上か下のグレードの商品を加えるみることも考えてみてはいかがでしょうか?
相続 空き家 火災保険

カテゴリー: 未分類 | コメントする

Hello world!

WordPress へようこそ。こちらは最初の投稿です。編集または削除し、コンテンツ作成を始めてください。

カテゴリー: 未分類 | 1件のコメント