「おひとりさま3個まで」と限定するとなぜ人は買いたくなるのか?

在庫を抱えて処分し無ければならなくなった時、あなたならどう売りさばきますか?
ただでさえ売れ残った大量の在庫品
そう簡単には処分できないものです。
多少の値引き程度では在庫処分なんて難しいのです。

そんな場合には
「特価品につきおひとりさま限定3個までとさせていただきます!」
というキャッチコピーが効果的なこともあります。

人はなんらかのメリットに対して、使い切らないと「損」と感じる性質があるからです。
購入できる数を限定されることによって上限まで利用しようといしてしまうものなのです。

この「限定販売」は販売促進の王道ではありますが、
・「特価品につき」
・「多くのお客様へのい普及促進の目的です」
など政党と感じる理由をつけることで効果が高まります。

■理由を付けて「おひとりさま〇個まで」として売る

スライド式販売法も有効な場合がある

低価格品の販売の場合、ひとつあたりの販売価格を下げるよりも
「2個なら〇〇円」とか
という販売条件のほうが売れることもあります。
さらに
「1つ〇〇円、2つなら◎◎円、3つなら●●円、△つ以上ならひとつ▲▲円」
というようなスライド方式も有効とされています。

販売する商品によってはこのような方法も有効であることを覚えておいてください。

■「1つ〇〇円、2つなら◎◎円、3つなら●●円、△つ以上ならひとつ▲▲円」というスライド販売方式
値段が高い商品なら@「松竹梅」方式

高額な商品であれば「松」「竹」「梅」というランク付けをつけることで売り上げを伸ばすこともできます。
それは人は「松」(高い)「竹」(普通)「梅」(安い)という選択を迫られた場合は真ん中の「竹」(普通)の商品を選びがちなのです。
今現在において2種類の商品構成で販売しているのならもうひとつ加えて「松」「竹」「梅」という3つの商品構成にしてみてはいかがでしょうか。
今までの売れ筋が2つの商品構成の安い商品がさらに1つ商品が加わることによってより値ごろ感がうまれて売上が上がるいことも考えられます。

あえてひとつ上か下のグレードの商品を加えるみることも考えてみてはいかがでしょうか?
田舎 空き家 火災保険

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です