値下げと言わずに「2つ目1円」といううまい戦略

「2つ目は1円にします」
言われてみれば歴然とした値下げなんですけど、ものも言い方次第ですよね。
これってどんな業界でも使える手法なんですけど意外と紳士服業界でしか使われていないような気がるすのは私だけでしょうか。
「スーツ2着目1円」
このキャッチコピーはだみんな知っているキャッチコポーだと思います。
普通なら「2着なら半額で●●円」というのが正攻法ですけど「2着目1円」といほうがはるかにインパクトがあります。
高いスーツが1円で買える?そんな錯覚をさせてしまうからかもしれません。

これを応用しているのが
「100人にひとりタダにします」
かもしれmせん。
これは時々スーパーや飲食店でなんかで行っている手法です。
日頃なら節約する方々も
「もしかしたらタダになるかもしれない。だか限度目いっぱい食べよう(買っておこう)」
そんな風に客単価アップの効果も見込めます。
しかし、百人に一人というのはたった1%の損だけなんです。
ところが受けての顔客からすれば@タダ!」という響きだけがとても大きく響くのです。
売り手の会社からすればたった1%の損なだけなのに、購入したり食べたりする客からすれば「なんと太っ腹な企画だ!」と大喜びしてしまうのです。
10%価格を値下げするだけでも売り手側企業からすれば利益が吹っ飛ぶ死活問題なのですがたった1%の損でこれだけ効果があるおですから」一考の価値はあると思います。

「2つ目は1円になります」
「100人に一人、タダにします」
これ、単なる値下げじゃない錯覚を利用した値下げなんです。
この手法、なにかあなたのビジネスにも応用できませんか?

飲食店ならあえて、あるメニューを「一日限定20食」でも有効です。
ひょっとしたらランチ前に行列ができるかもしれません。
あぶれたお客はいつものメニューを仕方なく食べながら「次こそは限定メニューを頼もう!」と再び来店してくれうrかもしれません。
たとえば今まで10食も出なかったそのメニューが「●●は1日限定20食のみ」とうたっただけでいつのまにか看板メニューになりあっという間に20食完売という事例もたくさんあるくらいです。
実家 片付け コツ

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です