ノウハウだけ知っていてもクソの役にも立たないよ

せう高盆をいくら読んでも成功はできない。
それをある成功者がこう言ったそうである。
「地図だけ観るのと、実際に歩くのとの地代だ」
いくら地図をなぞってたくさんの道を覚えても、それは毎日実際に道を走っているタクシードライバーにはかなわないのと同じです。
言い換えれば「知っていること」と「実際にやってみること」には大きな違いがあるのです。
学ぶことはとても大切ですが、それよりも大事なのが「実際にやってみる」ということなんです。
成功を心から望んでいても成功できない人の多くが、知識を得ることには貪欲でもなかなかそれを実際に行動を起こさない・・・
多くの成功者がそんな警鐘を鳴らしています。
評論家ならば負けても何も失いませんが勝つ喜びも得られません。
ですから評論家ではなく実際のプレイヤーにならなければならないのです。

やらない理由はいくらでも見つけられます。
「資金がない」
ノウハウがまだ身についていない」
今はまだ動く時期ではない」
「協力してくれる人が現れない」
みおんなこんな理由ばかり言う人ばかりです。

施行氏を勝ち取った人たちは違います。
「人生 生きてるだけで丸儲け」
「痔結局やったもん勝ち!」
その気になれば資金を集めることはできるし、ノウハウなんて自分でやってみないと見にはつかない
動く時期なんて誰にも分らない
マジで取り組んでいれば自然と協力者なんて現れるもんだ
要するに、やるか?やらないか?それだけ
成功してお金持ちになる人とお金持ちになれない人の違いは結局そこでしかありません。

お金持ちに限らず、どんな分野であれ行動するしか何も始まりません。
行動しなければ何も起こりません。
でも、それはみんなわかっているんだけれども第一歩が踏み出せないんですね。

あうrひとが僕にこう言いました。
「商売を始めるのは現金の札束にライターで火をつけて燃やすくらいの覚悟がないと儲からないよ」
う~ん、そんなことを平気でやれるのはなかなか根性がいることです。
だから、みんななかなか成功できないんです。
老人ホーム 服装

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です