お金持ちに共通する「朝」と「夜」の使い方とは

お金持ちたちには多くの共通点があります。

まず第一に「朝」についてですが
お金持ちは早起きの習慣の人が多い
ことはよく知られていることです。
諺でも早起きは三文の得と言われているくらいですからね。

何時に起きても誰にも文句を言われないフリーランスの仕事をしているお金持ちは、夜に仕事をしているのではないかとおもわれがちですが、意外とそうでもないことが少なくありません。
たいていは朝の6時くらいには掟活動を始めています。
毎朝4時に起きて仕事を朝飯前にひと仕事終える方も多いので驚きます⑧.

これを聞いて「本当に?」と思われる方も多いでしょう。
これを証明するのによい事例がありあmす。
一流ビジネスマンが宿泊する一流ホテルほど朝食サービスが充実していることをご存知ですか?
朝早くの朝食に応じたり、24時間利用可のルームサービスでも朝食になりそうなものをたくさん取り入れているものです。
お金持ちの泊まるホテルほど早起きに対応できているのです。

そもそもお金持ちになる人は時間も大切さを痛感しています。
早起きすればそれだけ時間を有意義に使えることを知っているんですね。

さらにお金持ちは夜10時以降の時間の使い方も大きく普通の方とは違っています。
お金持ちは早起きが多いことからかもしれないが、遊びやお酒もほどほどの方が多いのです。
普通の補とはよく深酒をして夜更かしをすることが多いでしょう。
その結果として翌日は二日酔いで仕事にならないこともありあmす。
またその遊びや飲み代に多くのお金を浪費してしまいます。
しかし、お金持ちになる人は若い頃から沿いのあたりを節制していることが多いのです。
確かに人間には時に息抜きやストレス解消は大事なことですが、なにごともほどほどがよいのです。

何が言いたいかというと
セルフコントロール
が何よりも大事だということなんです。
セルフコントロールができないと
なにごとにも決断が遅くなる
行動が鈍くなる
からなんです。
そうすることでお金持ちになれる可能性はどんどん低くなっていき、最終的には「お金持ちは早起きが多い「夜10時以降はお酒を飲まない、遊ばない」方が多いという結果になるのです。

テレビの音がうるさい

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です