お金持ちはまわりを共感させるのがうまい

ビ次寝鵜者なにごとにもまわりの人からの協力が必要です。
仲間
取引先
そして何よりも
商品やサービスを利用してくれるユーザー
彼らの協力が無ければうまくいきません。
まわりの人からの協力を得るために無くてはならない物があります。
それは「他人を巻き込む力」です・
仲間を巻き込み、周囲を巻き込み
さらには「お客さん」すらも巻き込む
巻き込む力が強ければ成功する確率はグンと上がります。
他人を巻き込むとは「共感を呼ぶ」とも言い換えることが出来ます。
つまり共感を呼べる人が他人を巻き込んだ仕掛けやプロモーションを「子なうことが出来、成功をさせることが出来ます。

それでは共感を呼び起こす力とはどんなものなのでしょうか?
多くのベンチャー企業創業者やカリスマ経営者はどのようにしてまわりを巻き込んでいるのでしょうか?

まわりの人の共感を得ることが出来る人の多くが
自分自身も感動できる能力が高い人
ともいえます。
言い換えると
メチャクチャ思い込みが激しい人
ともいえます。
これがいい!
そう思ったら猪突猛進で突っ走ります。
なぜなら
心の底からいいと思っているから
本気で感動しているから
それを誰かと共有したいと考えているからです。
成功するベンチャー企業の創業者はみんんば多かれ少なかれそんな気質を持っています。
自分お生み出した商品やサービスが本当にいいものだと信じることが出来るからこそ、それを広めてユーザーと感動を分かち合いたいと本気で思っています。
それが成功する人間のパワーの源でもあります。

さらに感動する人は行動もメチャクチャ早いものです。
「これはいい」
そう感じたらもうすぐに誰にでも話しますし、
欲しいと思ったらなにがなんでもそれを手に入れようとします。
成功している傍目持ちの行動力はこの勘当力のせいかもしれません。

そしてこの勘当する力がまわりを巻き込む共感力でもあるのです。
では共感力を高めるにはどうすればいいんでしょうか?
そおれは常日頃から何位でも高い好奇心を持ち続けることがコツだと私は考えています。
好奇心があれば、自分に必要な情報はおのずから集まってくるものなのです。

ポケットワーク 評判

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です